日本の美を音と踊りで描くエンターテイメント集団

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
オリンピックイヤーでもある令和2年が皆様にとって、お健やかで豊かな年になりますよう心からお祈りいたします。

さぁ‼IZANAMIプロジェクトの2020年は、新作公演「夢幻乃桜」と共に幕開きです。
今回新作を構想するにあたり、繊細かつ独特な感性で描く墨画家上野陽子氏に作品イメージの絵を依頼、そしてこんなにも美しい墨画が仕上がりました。「夢幻乃桜」にはなくてはならないものとしてここに紹介いたしました。

墨画家【上野 陽子(Yoko Ueno)】
2007年から毎年個展開催
代官山ヒルサイドテラス、小倉井筒屋美術画廊、銀座ギャラリー・ラー、浅草・東本願寺、他。
いずれも大きな反響を呼び、代表作となった「微の技法」や「不可視ノ光」は、未だかつてない新しい墨画として絶賛された。
2017. 2018「日本フランス現代美術世界展」入選「2018.日本の絵画」入選。